美白化粧品の役割・選び方

美白化粧品の役割・選び方

美白化粧品でシミそばかすをキレイにする

身体がシミそばかすの元であるメラニン色素を作り出してしまうのは
仕方がないことです。
紫外線から肌を守る為に必要不可欠な働きなんですから。

 

ですから、このメラニン色素を製造する工程を
いかに抑えるか、またはメラニン色素を沈着させないようにするかが、
美白化粧品の役割です。

 

 

美白成分にはそんな働きのあるものがたくさんあります。
ですが、どのポイントでメラニン色素に働くかは
配合している美白成分によって種類は違います。

 

 

美白化粧品はただ肌を白くするものではありません。
人の肌とは元々白いもの。
本来の肌の色に戻すことこそが美白化粧品の役割なんです。

 

 

○ビタミンCは別格です○

 

ビタミンCはメラニン生成の抑制と抗酸化作用または抗炎症作用があるので、
シミそばかすを除去し、炎症による黒ずみも消す効果があります。
なので本来の肌の色よりもくすみや黒ずみも消えて白くなるかもしれません。

 

ビタミンC本来の力を発揮させようと思っても
最大限発揮させている美白化粧品は少ないのでそこまで期待はできません。

 

 

○美白成分の働くタイミング○

 

紫外線がメラノサイトに当たった場合、
その瞬間から美白成分が働くのか、
またはメラニン色素が形成された時点で働くのか、
メラニン色素が役割を失い排出されるべき時に働くのか、

 

美白成分の働きによって効果がかなり変わってきますよね。

 

美白化粧品に配合されている美白成分の本来の作用を
本当にシミそばかすを消したいのなら、
しっかり確認してどのタイミングで働くのか確かめておくべきなのかもしれません。

 

 

○メラニン色素を抑制する成分○

 

メラニン色素を作る為に、メラノサイトから指令を出す為の伝達物質
「エンドセリン」の邪魔をする成分は、
・カモミラET
・t−シクロアミノ酸
・トラネキサム酸

 

この3つの成分が有効的ですが、
最も美白化粧品にこれらを配合しているものは少ないようですね。

 

また、メラニン色素を作り出す物質「チロシナーゼ」の働きを抑制する成分は、
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・プラセンタ
・油溶性甘草エキス
等ですが、
これらは美白化粧品によく配合されている成分です。

 

 

なるべくメラニン生成を抑える為に、「チロシナーゼ」を減らすようにする成分は、
・リノール酸
という成分です。

 

 

 

美白成分は働きによって多種多様、本当に色んな種類や効果があります。
自分のシミやそばかすにはどういった成分が良いのかなんて
検討も付きませんよね。

 

美白化粧品を選ぶ際は、まず試してみることが大切なんじゃないでしょうか。
そして、美白成分は使い続けて徐々に力を発揮していくものです。

 

紫外線が強い時期や、今あるシミそばかすを消す為だけに使うのではなく、
使い続ける為の美白化粧品を選ぶべきだと思います。

 

 

【参考情報】
→ 自宅でできるセルフケア「シミ・そばかす」美白化粧品
詳細はコチラ

 

 

 

美白化粧品の役割・選び方関連ページ

シミそばかすを消したい方へ
ここではシミそばかすを消す為のシミそばかす対策とその際の注意点やポイントなどをご紹介しております。ここではシミそばかすを消したい方へ向けての情報をお伝えしております。
シミそばかすが消えないのはどうして?
ここではシミそばかすを消す為のシミそばかす対策とその際の注意点やポイントなどをご紹介しております。ここではシミそばかすが消えないのはどうして?と言うことについてお伝えしております。
シミそばかすを消す為に効果的な食事
ここではシミそばかすを消す為のシミそばかす対策とその際の注意点やポイントなどをご紹介しております。ここではシミそばかすを消す為に効果的な食事についてご紹介しております。
紫外線から肌を守る為に
ここではシミそばかすを消す為のシミそばかす対策とその際の注意点やポイントなどをご紹介しております。ここではシミそばかす対策の一環として紫外線から肌を守る為に大切なことを各種お伝えしております。

ホーム RSS購読 サイトマップ